弁護士の懲戒処分を公開しています
201111月、日弁連広報誌≪自由と正義≫に掲載された弁護士懲戒処分
の要旨
東京弁護士会所属 飯田秀人弁護士の懲戒処分の要旨
 

刑事事件で逮捕された時に持っていた現金100万円を飯田弁護士に預かってもらった。しかし再三に渡る督促に60万円を返還しなかった。
 
正確な懲戒要旨)
          懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 飯 田秀 人 登録番号 11582 東京弁護士会
事務所 東京都港区西新橋   飯田法律事務所                   
2 処分の内容        業 務 停 止 8 月
3 処分の理由
被懲戒者は懲戒請求者の弁護人として20104月、懲戒請求者が逮捕時に所持していた現金100万円の還付を検察庁から受けたが、懲戒請求者の再三にわたる督促にもかかわらず、そのうち60万円を返還しなかった
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位
を失うべき非行に該当する。
なお被懲戒者は、預かり金品の不返還の事案で4回にわたり業務停止処分
を受けていること、本件においても不合理な主張を繰り返して返還を拒
んでいること等を考慮し業務停止1とした。(後日業務停止8月に変更)
 
4 処分の効力を生じた年月日
 201181
201111月1日   日本弁護士連合会
 

 
今回の懲戒処分は
日弁連において業務停止1年から8月に変更されました