弁護士の懲戒処分を公開しています
20128月号 自由と正義に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
東京弁護士会の遠藤雄司弁護士の懲戒処分の要旨
 
9687という大ベテランの懲戒処分
株主であるかどうかいう裁判をして依頼者は株主ではないと判決が出た
しかし弁護士はそれを無視して株主の立場で株主総会招集請求をしたというもの一度決められたものを蒸し返す行為に出た。珍しい懲戒処分
 
(正確な懲戒要旨)
懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告
公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
 1 懲戒を受けた弁護士
氏名       遠 藤 雄 司
登録番号       9687
事務所 東京都千代田区神田    遠藤法律事務所 
 2 処分の内容    戒 告
 3 処分の理由
被懲戒者はAの訴訟代理人として懲戒請求者Bを相手方とする株主総会決議不存在確認請求等控訴事件、同上告事件及び同上告受理事件を受任してAが懲戒請求者B社の株式全部を保有していることを主張していた。しかし20101214日上告は棄却され上告受理の申立ては受理しないとの決定がなされAは懲戒請求者B社の名義上の株主に過ぎず実質上は株主ではないとの判断が確定した。しかし被懲戒者は2011124日Aの代理人としてAが懲戒請求者B社の株主であることを理由として株主総会招集要求書を懲戒請求者B社へ送付した。
被懲戒者の上記行為は株主総会決議不存在に係る紛争を蒸し返すもので弁護士法第1条、弁護士職務基本規定第1条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 201265
20128年1日   日本弁護士連合会