男性弁護士を4度目の懲戒処分 京都弁護士会が退会命令、元依頼者から借りた金返さず!?

7/14(火) 21:27配信

元依頼者から借りた金を返さなかったなどとして、京都弁護士会は14日、同会所属の60代男性弁護士を退会命令の懲戒処分にした、と発表した。処分は10日付。  同会によると、男性弁護士は2011年以降、元依頼者に計260万円を借りたが返済しなかった。その後、調停で約300万円の支払いに合意したものの、およそ半額を支払った後は未払いになっている。また、13年に別の元依頼者から借りた70万円も返済していないという。このほか、同会と日本弁護士連合会に納める18年7月以降の会費計23カ月分を滞納し、この内、7カ月分約26万円が未納という。  男性弁護士は依頼人との金銭トラブルなどで17年以降、業務停止など3回の懲戒処分を受けている。京都弁護士会は過去の処分歴も踏まえ、除名に次ぐ重い処分を下した。男性弁護士は同会の調査に応じず、弁明もしていないという。  この日会見した京都弁護士会の日下部和弘会長は「このような重大な処分を出すことになり、申し上げる言葉もない」と述べた。

京都新聞https://www.47news.jp/5014385.html

 

弁護士自治を考える会

京都弁護士会で過去3回目の懲戒処分がありその処分内容が依頼者から借金して返さない、すぐに分かるのに、京都新聞もはっきりいえばよいものを、広告を頂いている京都弁護士会に遠慮してるのかな?

 

ミルクボーイ的にいうと

「うちのオカンがそれは島崎哲朗先生と思うんやけど、というんやけど」

「もうちょっと詳しく言わんとわからへんがな」

「オカンがいうには、京都で依頼者から借金すんのは島崎先生くらいやいうんやけど」

ほな、島崎先生でええんちゃうか!」

「そやけどもうひとり会費払わんかったんがおるらしいわ」

「ほな、島崎先生と違うな~」

「オカンがいうには、その先生は次が5回目やから違ういうんよ」

「ほな、島崎先生やないか!きまりやないか!」

島崎哲朗弁護士 懲戒処分の要旨 2019年 8月
https://jlfmt.com/2019/08/03/39819/