イメージ 1

弁護士が手続き怠り懲戒処分

宇治市の談合めぐる住民訴訟
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008082800161&genre=C4&area=K00

 宇治市発注の公共工事の談合をめぐる住民訴訟で、建設業者のうち1社の代理人を務めた弁護士(63)が必要な訴訟手続きを怠り、所属する京都弁護士会から戒告の懲戒処分を受けていたことが28日に分かった。業者は手続きの遅れで、市から必要以上に長期の指名停止を受けたとして、この弁護士に約1600万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こしている。
 2002年6月に提訴した住民訴訟は、宇治市内の14業者に総額約16億5000万円を市に返還するよう求めた。この業者は同年7月に弁護士に訴訟の代理を依頼し、着手金を支払った。
 約3億5000万円の支払いを命じた05年12月の大阪高裁判決を受け、業者側は最高裁に上告することにしたが、弁護士が期限までに上告の理由書を提出しなかったため、この業者だけ敗訴判決が確定した。最終的には他の業者も敗訴したが、この業者は先行して自主納付したため、指名停止期間の減免措置が受けられなかった、という。
 弁護士は「最高裁での和解が受け入れられないということで、個人的な判断で理由書を提出しなかった。業者に説明すべきだった。ご迷惑をかけて申し訳ない」としている 

京都弁護士会氏名を公表しろ!!!
新聞記者!名前聞いてるはずだ。なぜ発表しない
おかしいでしょう。こんな記事

3ヵ月後くらいに私が公開しますが(日弁連公告発表後)

個人的な理由とはいったいなんだ?

期限を忘れ取っただけやないのか

これだけ迷惑かけて『戒告処分』ですか。。。。

この事件にはおまけがついていて
談合した業者からを市民が市にお金を取り戻したが
弁護士の報酬の算定報酬についての裁判があった
判例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=34488&hanreiKbn=03