弁護士を業務停止=東京
2022/06/18

 東京弁護士会は17日、同会所属の笠井浩二弁護士(74)を14日付で業務停止3か月の懲戒処分にしたと発表した。 同会によると、笠井弁護士は2020年11月13日、同会から業務停止3か月の懲戒処分を受けていたのに、債務整理の依頼者との契約を解除せず、依頼者の相手方にも連絡しなかった。 笠井弁護士が同会から懲戒処分を受けるのは今回が8回目。笠井弁護士は同会に対し、「依頼者が入院していたので連絡できなかった」などと話したという。

読売新聞6月18日付

弁護士自治を考える会

笠井弁護士8回目の懲戒処分となりました。現役第2位、業務停止月数は断トツの82月、東弁は8回目でも退会命令や除名処分を出しませんでした、東弁が笠井先生は8回目となりました!とは言わないでしょうね、読売の記者さんの取材力です。

いよいよ懲戒件数個人部門の王座に輝くか! 業務停止数の二冠に輝くか!

笠井浩二 登録番号 17636 街の灯法律事務所 

東京都港区西新橋2-13-14-301 新佐久間ビル

業務停止 2022年6月14日~2022年9月13日

懲戒履歴

① 2008年4月 業務停止1年6月 高齢者から1300万円着服m」当初は業務停止2年

② 2009年11月 業務停止1年6月 依頼人へ書類返還せず、不動産購入事件で対応が杜撰 

③ 2011年8月 業務停止2年  業務停止中の業務

④ 2013年11月 業務停止6月  会費滞納、当初は退会命令

⑤ 2014年10月 業務停止10月 損害賠償金を払わず

⑥ 2018年10月 戒告     依頼者から100万円借金

⑦ 2021年4月 業務停止3月  債務整理の杜撰な事件処理

⑧ 2022年6月 業務停止3月  業務停止中の法律行為

処分回数 8回 業務停止月数合計82月

『弁護士懲戒王座(個人)決定戦』弁護士は何回まで処分を受けられるか!現役最多は9回(香川)8回(一弁)東弁業務停止王が8回目、新潟8回脱落!5回目が混戦(更新)大阪実力派新人登場、二弁の懲戒スター5回目登場、東弁6回目アウト、埼玉5回アウト 6月22日更新≪弁護士自治を考える会≫