差し押さえ逃れで仮登記=「指導」の弁護士、懲戒処分-鹿児島
 金融機関の仮差し押さえを免れるため、実態の伴わない不動産の所有権移転仮登記をさせたなどとして、鹿児島県弁護士会は23日、同会所属の窪田雅信弁護士(60)を業務停止3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 同弁護士会などによると、窪田弁護士は鹿児島市内のビル管理会社から、
関連会社が倒産した関係で売却予定のビルや土地が金融機関に仮差し押さえされる可能性があると相談を受けた際、所有権を第三者に移転させる方法があると教示。契約書を作成した上、司法書士に指示し、2008年8月に実態の伴わない所有権移転仮登記をさせたとされる。
窪田弁護士は「仕事として相談を受けたわけではなく、金ももらっていない」などとして同日、日弁連に異議申し立てをした。
同弁護士会は、公正証書原本不実記載、同行使の教唆容疑での告発も検討するという。
森雅美鹿児島県弁護士会会長の話 
会として、弁護士倫理の研修などに取り組んでいきたい。
弁護士懲戒非行専門のブログです
差押えを免れるため。その先には競売を免れるための不法登記裁判所が不法だとすれば問題なく抹消できるのですが昔は通じたのですが今こんなことする法律家はいません「や」のつく方がおやりになった方法でした
そのお手伝いをした司法書士、弁護士が昔はいたのですが・・・・
まだいたのですね。こんな弁護士
やり方が悪徳だと業務停止3月、もっともです

 

16455 弁護士 窪田 雅信 鹿児島県

 

会員情報
氏名かな くぼた まさのぶ
氏名 窪田 雅信
性別 男性

 

事務所情報
事務所名 窪田法律事務所
郵便番号 〒8920827
住所 鹿児島県鹿児島市中町11-4 熊谷ビル5階