弁護士・懲戒非行専門ブログです
「自由と正義2010年4月号 弁護士登録取り消し情報」
2010年1月29日 山本健太郎 39591 請求 山口県弁護士会
と小さく掲載されました
さて39591さんは2009年、長野県の中央道の高速道路を走っていたときにパトカーに制止されその時に持っていた包丁が銃刀法違反であると逮捕されました
新聞にも「包丁弁護士」というタイトルがつけられました、マスコミのこのタイトルはやりすぎだと思いました
私はこの弁護士が強盗に行くとか、人を殺傷しに行ったとは思いませんでした28歳で山口という弁護士の少ない地方に所属したかなりの重圧に押しつぶされたのだと思いますロースクール出身(=新司法試験合格者)で、
一度司法研修所終了試験に不合格だったとか
この若い28歳の弁護士がなぜ辞めなければならなかったのか自分の車の中に包丁1本持った銃刀法違反など大した罪ではない刑務所に入ることもないでしょう
まして山口県弁護士会の懲戒処分もない
やはり弁護士は図太い神経がなければやっていけないのか
39591さんあんたが自分で選んだ道やから私が何を言ってもしょうがないが
中学、高校、大学、と青春を犠牲にして目指した弁護士とは
なんだったのでしょうか
ただ、あなたのような方が弁護士に向いているかどうか
依頼したい弁護士かどうかはまた別の問題ですが
別の道でがんばりや
私が言うてもしょうがないけどな
このブログにはあんたとともに学んだ人も心配してると
負けたらあかんで。
まだ若いのやから。これからやで