2011年4月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された
弁護士懲戒処分の要旨
東京弁護士会 松崎龍一弁護士の懲戒処分の要旨 
 
離婚事件を抱えている方どう思いますか
弁護士はここまでやります。人権などあったもんじゃないこれが弁護士の実態です。
あなたはこの弁護士の行為をどう思いますか!
 
【簡単な内容】
離婚事件を松崎弁護士は受任(妻側)相手は夫は国家公務員その夫の上司に虚偽と知りながらあいつは犯罪行為をしていると国家公務員の懲戒処分を申立した。
                                                       
          懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を
受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により
公告する
1 懲戒を受けた弁護士氏名
 松崎龍一  登録番号 25578 東京弁護士会
事務所   青梅市河辺町417      河辺法律事務所
                    
2 処分の内容     業 務 停 止 2 月
3 処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は2009511日Aから夫である懲戒請求者Bとの間の離婚事件を受任し同月12日国家公務員であるBの勤務先に電話してBの直属の上司であるCに対し未だ警察の捜査すら行われていないにもかかわらず恣意的な独自の判断に基づいてBが犯罪行為を行っていると話しBの名誉や信用を毀損した
(2)被懲戒者はCはBの任命権者ではないためBを懲戒する権限もBの職務外の行為について調査する権限もないにもかかわらず、被懲戒者がCに対しBが犯罪行為を行っていることを通知したのであるからCは事実関係の有無等を調査し懲戒処分その他の必要な措置を採らなければないらないのに漫然とこれを放置したなどの理由で同年629日BとCについて
国家公務員法による懲戒処分を求める申告書を提出しCらの名誉を侵害した
(3)被懲戒者の上記行為はいずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日 2011年1月12日
2011年4月1日   日本弁護士連合会