弁護士の懲戒処分を公開しています
20129月号 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
高見澤昭治弁護士(東京)の懲戒処分の要旨
 
ものすごい弁護士が現れました!
 
うつ病の診断を受けていた高校生が自殺した。
自殺した高校生が通う高校の校長が学校に来なさいと登校を強要したとして校長を殺人罪で告訴した。
記者会見を開き校長があたかも殺人を犯したような発言をした
この事件のようです
 
       

 懲 戒 処 分 の 公 告

東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士  氏名     高見澤 昭治 
            登録番号   14785
            三鷹市下連雀 高見澤法律事務所
2 処分の内容    戒 告
3 処分の理由
 被懲戒者は希死念慮を伴ううつ病の診断を受けていた高校生Aの自殺について2006110日Aの母親の代理人として事実上、法律上の根拠がないことを容易に認識し得たにもかかわらず、高校の校長BがAに登校を強要したことが未必の故意による殺人にあたるとしてBを殺人罪で告訴した。
また被懲戒者は同日記者会見を開きBを殺人罪で告訴した事実だけでなく独自の見解に基づきBがあたかも殺人を犯したかのようにBの名誉と社会的信用を棄損する発言をした。
被懲戒者は被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 201266
20129月1日   日本弁護士連合会
高見澤弁護士が記者会見したのが2006年1月10日懲戒請求をいつ出したか分かりませんが、遅くとも2007年に出したとしましょうか、(弁護士の非行の時効でも2009年です)処分が決まったのが2012年6月6日です
そんな時間がかかる処分内容でしょうか?

希死念慮とは、死にたいと願うことです。

「希」=希望の希 「念慮」とはあれこれ思いめぐらすこと。また、その思い。
思慮。ただし自殺願望と違うのは、客観的に理解できない理由で死にたいと
願うことです。幻聴があって死ねと言われているからとか、ただ死にたいとか。
死という言葉が頭に浮かんで離れないとか。精神の障害がありその症状として、
死にたいと願うときにこの言葉を使います。