2018年5月 今月の弁護士業界

 
イメージ 1

大量懲戒請求問題
朝鮮学校の補助金に反対をする方たちが弁護士らに大量懲戒して棄却され、弁護士から大量懲戒は良くないと迷惑料5万円払えと反撃されてます。大量懲戒は良くないと過去に左翼系弁護士がネットで橋下徹(当時市長)に懲戒を煽ったことがあります。こっちは忘れたのでしょうか
イメージ 2

大阪弁護士会の元副会長が中心となって行った市長への弁護士懲戒請求?
ツイッターで ♯橋下イラネ ♯橋下リコール ♯維新の会
弁護士でもない市長を引きづりおろそうと弁護士の懲戒請求制度を悪用したのですが
これもほんとうに恥ずかしい懲戒請求でした(棄却)
橋下徹弁護士、今からでも懲戒請求者に和解金払えとか訴訟するぞと通知されたらどうでしょう。まあ、俺はそんな下品なことはできない。俺と下品な弁護士と一緒にするなと怒られるでしょう。

 

今回の大量懲戒の懲戒請求書はテンプレだそうですが、弁護士の通知文と和解の合意書もテンプレです。
甲は弁護士で乙は貴殿、懲戒請求者自らが住所氏名を書けという手抜き文書、こんな通知文紙1枚で5万円儲けるのですから、きっちり氏名くらい書いたらいかがでしょうか、しかも弁護士が送ったのは普通郵便です。
        【ある弁護士の通知文と和解書】
イメージ 3

日弁連に度々電話を入れております。
大量懲戒を出した人の中には、あまり懲戒について詳しくない方、対象弁護士に謝罪文を提出したのに、金払えと請求がきたという方。
裁判を受けて立つという方は別として、深く考えないで懲戒を出した、その方たちに法律相談を日弁連で行えないかという内容の電話でしたが、日弁連の回答は『そういう申し入れがあったことは承知しました』という木で鼻をくくったような回答。
まあ、毎度のことながら、相手にされていません。
そもそも、4月に日弁連会長が新しく就任し、大量懲戒問題が出て世間が騒がしくなっているのにもかかわらず、当事者でもある日弁連は何ら対応せず傍観をしている。
一部弁護士が懲戒請求者に通知文を送り5万円払え裁判するぞと脅しをかけている。日弁連も当然知っていることでありながら、何もしないのは今回の大量懲戒の弁護士の反撃を日弁連も後押ししているということです。
政治的な発言が大好きな日弁連会長であれば、国民の中で争いや誤解にもとづくものがあれば、会長として弁護士として紛争解決、和解に向け尽力をするべきにもかかわらず、一部弁護士の懲戒請求者への金払えの通知、裁判するぞとネットで公開するなど、恥ずかしい行為をしていても日弁連は傍観、これは後押しと見られます。
国民の仲たがいや紛争を収拾させるのが日弁連のつとめでもあると思いますが・・・・
日弁連・弁護士に刃向かう物、日弁連・弁護士会の意に沿わない者たち、このチャンスに一斉に殲滅したいのでしょう。

 

あの札幌のタクシー暴行弁護士に懲戒処分がようやく出ました

覚えておられますか? 札幌弁護士会の下した処分はたったの業務停止1月です。多くの会社の顧問などをされているのでしょう。顧問を辞任しないでいい業務停止1月にしたのではと勘繰りたくなります。
2018年5月に官報に公告として掲載された弁護士
通算33件目から40件目


5月 2日  野武興一 17776 茨城 業務停止1月 46
5月 7日  新谷充則 17543 大阪 戒告     416日(日弁連異議)
516日  堀江永  14174 神奈川 戒告   426

521日  関二三雄 22801 山梨  戒告   424
522日  奈良泰哉 28400 札幌  戒告   4月26
522日  佐藤隆志 49778 神奈川 戒告   426
528日  吉村亮子 30098 千葉 業務停止3月 428
530日  西本哲也 35171 大阪  戒告   57
531日  石井麦生 24137 東京 戒告   515
 
5月の逮捕者

516日 菅谷公彦元(東京)横領容疑で再逮捕
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000127372.html

 
日弁連広報誌 自由と正義 5月号 弁護士懲戒処分の要旨
  氏 名   登録番号 所 属 処 分    処 分 日
 丹羽 靖  32101  愛 知 戒 告  20171227
国選弁護人の怠慢な事件処理
 高瀬 孝司 32801  東 京  戒 告  2018111
依頼者と面談せず過払金事件を受任
 井門 忠士 14119  大 阪  業務停止3月 115
相手方に「当事務所にお一人で来てください」と文書を送付
 北 穠朗  12161  長 崎  戒 告   126
遺産分割事件 委任契約書作成せず、報酬の説明をしなかった。
 諸永 芳春 12906  第二東京 業務停止6月 129
元弁護士と事件処理を行った。(登録抹消)
 永野 貫太郎 11858 第二東京 除 名  131
相続財産横領
 安達 浩之 39546  第二東京 退会命令 131
非弁提携 預り金流用
 塚本 晶也 34424  千 葉  戒 告  213
依頼者の確認せず
 真尾 亮  18136  福 岡  業務停止1年 213
事件放置、会費滞納、預り金の記録せず収支報告せず
処 分 変 更
神田 雅道 23415 埼 玉 戒告業務停止1月 416
浅野 憲一 13843 東 京 業務停止6業務停止4月 315
石丸 幸人 30934 東 京 業務停止3業務停止2月 315
処 分 取 消
伊達 俊二 19021 第二東京 戒告処分取消 413
自由と正義 20181月~

 

5月の主な出来事 記事
5/29()
2018/5/27()
2018/5/25()
2018/5/24()
2018/5/22()
2018/5/18()
橋下徹弁護士に対する損害賠償請求訴訟事件の判決文
2018/5/18() 午後 11:06
2018/5/18() 午後 9:48
2018/5/16() 午後 1:39
2018/5/12() 午前 10:56
2018/5/11() 午後 9:55
2018/5/11() 午前 10:39
2018/5/10() 午後 2:56