共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事

救護せず立ち去り小栁茂秀弁護士(神奈川)略式起訴

救護せず立ち去り弁護士略式起訴

ことし3月、横浜市の横断歩道で自転車に乗っていた男性が車にはねられてけがをする事故があり、車を運転していた56歳の弁護士が男性を救護しなかったなどとして略式起訴されました。
一方、車ではねてけがをさせた罪については検察は不起訴としました。

神奈川県横須賀市の小柳茂秀弁護士(56)は、ことし3月、横浜市金沢区の横断歩道で自転車に乗っていた20代の男性を車ではねて右ひざにけがをさせ、そのまま立ち去ったとして、ひき逃げと過失運転傷害の疑いで逮捕されました。
その後釈放され、任意で捜査が続けられていましたが、横浜区検察庁は23日、男性を救護せず警察にも報告しなかったとして、小柳弁護士をひき逃げの罪で略式起訴しました。
一方、過失運転傷害の罪については不起訴としました。検察は理由を明らかにしていません。
これについて代表を務める法律事務所は「弁護士と連絡が取れていない」としています。

弁護士自治を考える会

ひき逃げ容疑での逮捕当時の報道では自称弁護士、小柳茂秀容疑者、とありますが、神奈川弁護士会の小柳茂秀という弁護士です・・飲酒運転、飲酒物損事故は業務停止1月~2月ですが、ひき逃げとなりと起訴されて有罪になり弁護士資格はく奪となる可能性があります。なんとしても示談にして被害届を取り下げてもらい警察には圧力いや、警察に借りを作ってでもなんとかしなくてはという結果がこれではないのですか?

3月の報道です。

3/29(日)

産経新聞

車で自転車と衝突し、乗っていた人にけがを負わせて逃走したとして、神奈川県警金沢署は29日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同県横須賀市湘南鷹取の自称弁護士、小柳茂秀容疑者(55)を逮捕した。「弁護士と話ができるまで、話したくない」などと黙秘している。

 逮捕容疑は28日午後5時55分ごろ、横浜市金沢区寺前の、信号機が設置されている市道丁字路交差点を右折する際、横断歩道を自転車で渡っていた大学生の男性(28)=同区=と衝突し、右ひざの打撲などの軽傷を負わせたが、そのまま逃走したとしている。

 同署によると、小柳容疑者は衝突後に車から降り、男性に「大丈夫か」などと声をかけたが、男性が「大丈夫じゃない。警察に連絡する」などと返答すると、再び車に乗って逃走したため、男性が110番通報。現場から約3キロ離れた路上で、警戒中のパトカーが逃走中の小柳容疑者の車を発見し、停車させたという。

引用産経https://www.sankei.com/affairs/news/200329/afr2003290005-n1.html

 

 

 

小栁茂秀弁護士(こやなぎ しげひで)  登録番号33166

弁護士法人横浜みなと法律事務所  代表弁護士

横浜市金沢区福浦1-1-1 

 

 

 

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.