任意団体会費を私的流用 大阪弁護士会が退会命令

配信

大阪弁護士会は15日、同会の会員でつくる任意団体の会費を私的に流用したとして、吉村卓輝弁護士(38)に退会命令を出したと発表した。    弁護士会によると、吉村弁護士は2017年4月~18年3月、「会派」と呼ばれる任意団体で経理業務を担当。会費の徴収や管理を行っていたが、数十回にわたり計約1980万円を私的に流用するなどした。全額補填(ほてん)されたが、顧客の預かり金を無断で充てた疑いもあるという。 
引用 時事 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091501139&g=soc
弁護士自治を考える会

大阪弁護士会の吉村卓輝弁護士が派閥の会費約2000万円を流用したが全額返済したが大阪弁護士会は「退会命令」を下した。

世間ではさすがに仲間の金を使い込んたら厳しい処分をするのだと思っている方もおられると思います。
そうでしょうか? 大阪弁護士会の狙いは違うと思います。あくまで個人の推測と想像ですが、検証してみましょう。
(1)過去の処分例とは違います。
例えば、派閥の会費と同じく所属弁護士会費、日弁連会費を弁護士は支払わなければ弁護士業務ができません。会費を延滞すれば懲戒処分は「退会命令」です、弁護士会が延滞を認めてくれる、なんとか我慢してくれるのは100万円が目安です、約20か月です。払わなければ「退会命令」ですが、延滞金額によりますが、払えば業務停止9月、最高は業務停止2年の処分例があります、とにかく払えば一旦出した弁護士会の「退会命令」を日弁連が「業務停止」に変更してくれます。
依頼人の預り金を着服、流用して懲戒請求がなされても綱紀の議決までに返せば処分ナシ、出ても戒告程度です。綱紀で「懲戒相当」が出て懲戒委員会に付されて処分が決定するまでに弁済すれば戒告から業務停止2月程度です。預り金の着服、流用と書かれるのではなく、預り金を返すのが遅かったと書かれます。未返還とか不返還とも書かれます。退会命令など巨額な金額でないと出ません。弁護士会費の滞納は退会命令と決まってますが、依頼人の預り金の返還がない、遅れたの場合の方が処分ははるかに軽いのが実態です。
(2)なぜ「退会命令」を下したか
本来、派閥の不祥事など表ざた、公にはしたくないものですが、なぜ懲戒請求を申し立てたか、誰が?どうやら弁護士会の請求(会請求)のようです。弁護士の懲戒処分で弁護士の身分を失う「退会命令」「除名処分」は一般人が懲戒請求者の例はありません。最後に弁護士の首を刎ねるのは「会請求」しかありません。
派閥の金は派閥の維持、運営、しいては大弁会の維持、会員のためのものです。とんでもない事をやってくれた、とにかく金用立てて来いときつくいうでしょう。吉村弁護士が金策でやったこと、弁護士なら想像がつきます依頼人の預り金の流用、着服ではないでしょうか?流用した金を返してくれたのはありがたいが、依頼人の預り金を着服したら、また問題になる。しかもその金を派閥に渡したとなれば・・・そこで「退会命令」を出したのではないでしょうか? じゃ「除名」でもいいではないかと、除名をすれば「大阪弁護士会会長談話」を出さねばなりません。派閥から使い込んだ金を返すために依頼者に迷惑を掛けたかもとは言えませんでしょう。
「退会命令」を出せば吉村元弁護士の依頼者は大阪弁護士会に殺到するでしょう。がそこは承知の上です。
大阪弁護士会受付
依頼者     「あのう、吉村弁護士についいてお尋ねしたいのですが?」
大弁会     「お調べします。調べましたが、そのような弁護士は当会には見当たりませんが・・・」
依頼者     「いましたよ。新聞に載っているではありませんか」
大弁会     「ああ、あの先生ですか、もう弁護士辞めましたから当会とは一切関係ありません。 お帰りください」
依頼者    「これからどうすればいいのですか」
大弁会    「弁護士会としては弁護士でないものに何もできません。弁護士会は被害者救済をしません。救済を求めるなら自分でやってください。その弁護士なら紹介しますが、もちろん有料です。」
      センセ、借りたもんはきっちり返してや!
たくさんの方が押し寄せてくると予想されますから、大弁会は先手を打って、もううちとは関係が無いといいたいから、「退会命令」を出したのではないでしょうか、
あくまで個人の感想ですが

 

現在、大阪弁護士会には、その会員に拠って構成される7つの会派があります。

① 友新会  (明治32年結成) 670名

② 一水会  (大正 4年結成) 620名

③ 春秋会  (昭和33年結成) 647名

④ 法曹同志会(大正 9年結成) 295名

⑤ 法友倶楽部(昭和 5年結成) 455名

⑥ 法曹公正会(昭和13年結成) 481名

⑦ 五月会  (昭和46年結成) 449名

         無所属     631名

合計     4248名

2020年1月

 

弁護士会はいつまで会費滞納を認めてくれるかデータ!

弁護士 「横領」「着服」 懲戒処分データ