イメージ 1

偽装結婚で弁護士逮捕

 http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080807-OYO1T00239.htm?from=main2
戸籍に虚偽記載容疑…大阪府警

交際中の韓国人女性に在留資格を取らせるため偽装結婚させたとして、大阪府警外事課は6日、大阪府吹田市古江台、弁護士・島田和俊容疑者(58)(大阪弁護士会)を公正証書原本不実記載・同行使容疑で逮捕した。島田容疑者は、日本永住を希望する韓国人女性に頼まれ、偽装結婚と知りながら仲介者らに謝礼など計55万円を渡していた。「申し訳ない」と容疑を認めている。
 また、同日までに島田容疑者の共犯として▽交際相手の大阪市中央区島之内、韓国クラブホステス・朴喜児(35)▽同区日本橋、会社員・橋口米男(57)▽同区島之内、同・北村隆史(46)――の3被告が逮捕、起訴された。
発表では、4人は共謀し、昨年12月4日、朴、橋口両被告の婚姻届を中央区役所に提出し、戸籍に虚偽の内容を記載させた疑い。北村被告は橋口被告の同僚で、今回の仲介役だった。
 府警によると、島田容疑者は昨年11月初め、韓国クラブで朴被告と知り合った。4人は同月末、大阪市内の喫茶店で会い、偽装結婚を計画したという。
 大阪弁護士会の上野勝会長は「事実なら、誠に遺憾」と話している 

どういう事件かというと
韓国人ホステスに惚れた弁護士が彼女を韓国に返したくない
どうすればいいのか
未婚の日本人を探してきて籍だけは入れた
結婚すれば日本にずっといることができる
戸籍を貸してくれた男にお礼に55万渡した
しかし大阪府警にばれたという。みっともない事件

《事実なら誠に遺憾》


この大阪弁護士会会長。事実ではないと思っている
弁護士はそんな不法行為をするわけがない
だから事実なら誠に遺憾でありまだ事実ではないという言い訳

しかし大阪弁護士会会長さんちょっとコメントが違うな~
逮捕されたのである。もちろ逮捕されても全員が有罪ではないが

弁護士会会長としてのコメントが違う

会員の弁護士が逮捕され誠に遺憾である
容疑を認めているようですが弁護士会としても厳正なる
処分を考えております 

このように言うのが世間の常識
《事実なら誠に遺憾》こんな一言のコメントはいらない

ではこの島田弁護士は今後どうなるか
弁護士として業務として行った行為ではないので弁護士会は
関係ない。懲戒処分があったとしても戒告か業務停止1月
弁護士を辞めるまでの罪ではないと弁護士会は判断するでしょう

私は公正証書原本不実記載や戸籍法や法令順守を一番に実践しなければ
ならない弁護士のすることではない。
退会処分でもいいと思うが。。

それで今回は法律事務所の住所ではなく自宅の住所
自宅の住所のほうがかっこ悪いと私は思いますが

公正証書原本不実記載つまり役所の申請書にウソを書いた
(現実に結婚する気もないのに婚姻届を書かせた)
弁護士には罰金刑か起訴猶予。実刑まではいかないと私は思う
弁護士の愛人さんは韓国へ強制送還かな

それより、この弁護士(58歳)に妻がいたら・・・
それで会長の《事実なら誠に遺憾》か~・・・