イメージ 1

国選弁護報酬:岡山の黒瀬弁護士
20万円過大請求 法テラス、告訴も
 捜査段階の容疑者に国費で弁護士をつける被疑者国選弁護制度を巡り、元検事で岡山弁護士会所属の黒瀬文
平弁護士(67)が受任した7事件のすべてで水増し請求を繰り返し、報酬を約20万円過大に受領していた
ことが分かった。06年10月の制度導入以来、水増し請求が発覚するのは初めて。制度を運用する日本司法
支援センター(法テラス)は、岡山弁護士会への懲戒請求や岡山県警への刑事告訴を視野に本格的な調査を始
めた。
 報酬が多額であるのを疑問視した法テラス岡山(岡山市)が、調査に乗り出し、水増し請求が判明。通常こう
した調査は行われず、報酬は請求通り支払われており、水増しは氷山の一角の可能性もある。法テラスや所管の
法務省は対応を迫られそうだ。
 関係者によると、報酬は1回目の接見を2万4000円、2回目以降を1回2万円とするなど接見回数を基本
に算定される。黒瀬弁護士は07年初め~今年5月ごろ、7件の刑事事件の報酬請求の際「被疑者国選弁護報
告書」に、容疑者との接見回数が実際は3回だったのに5回と記載するなどして、法テラス岡山に提出した。
法テラスは請求に基づき報酬を算定し、黒瀬弁護士の口座に振り込んだ。
 法テラスから報告を受けた岡山弁護士会は8月、過大請求の疑いがあるとして国選弁護士への推薦停止を決定
。所属弁護士会の推薦がない弁護士には事件が割り当てられないため黒瀬弁護士は8月以降、国選弁護を受任で
きなくなっている
 法テラスは近く、裁判官や検事、学者らで組織する「審査委員会」に黒瀬弁護士の処遇を諮問する。
過大請求と認定されれば、国選弁護契約を3年間停止するとともに岡山弁護士会に懲戒請求を行う。
「故意あるいは故意の疑いが強い」と判断すれば、詐欺容疑で岡山県警に告訴する 

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081010ddm001040002000c.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000057-jij-soci

 

黒瀬文平 登録番号28357 岡山弁護士会所属  
倉敷市昭和町2-1
黒瀬法律事務所

 

早稲田大学大学院終了
愛知学院大学助教授(商法)95年検事
全国で初めて大学から検事に97年退官し2000年弁護士登録

 

それにしてもセコ~イ!!
容疑者がいる拘置所に接見(面会)の回数を誤魔化してだって3回接見を5回にして4万円ごまかした

 

国選弁護の報酬は安いというのは確かかもしれませんが刑事事件に弁護士がいなければ裁判になりません
弁護士の使命です

 

大学の教授して検事やって退職金ももらって弁護士登録して岡山では仕事がないのかな~
やはりヤメ検は刑事事件がお得意なのかそれとも刑事事件がお好きなのか