2010年2月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分要旨
第二東京弁護士会の太田宏美弁護士の懲戒処分 

【簡単な懲戒処分要旨]
痴ほう症の年寄りから2200万円領得した
年寄りは死亡したが相続人には1円も返済せず

たまにあります弁護士の懲戒処分です。
年寄りからお金取って自分のためにつかう
業務停止1年6月(東京弁護士会)や
後見人が400万円し着服業務停止1年(東京弁護士会)はありますが
第二東京の業務停止6月の処分は甘いですね
金額と返済していないとするならば
第二東京弁護士会の処分は甘い方ですね

それにしても、ちょっと宏美先生やりすぎですな~
今年の5月まで休暇ですね

[正確な懲戒要旨]
懲戒処分の公告
第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について、同会から以下の通り通知を受けたので
懲戒処分の公告及び公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
                 記
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 太 田 宏 美  登録番号17264  第二東京弁護士会
事務所 東京都港区西新橋3
太田宏美法律事務所
2 懲戒の種別  業務停止5月
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2000年8月5日ころ、中程度の痴呆症のため意思能力を喪失した
Aから同人の意思能力に疑問を抱いていたにもかかわらず、同人の財産管理に関し
清算を要しない弁護士費用として2200万円余りの多額の金員を領得した。
しかも被懲戒者はAの死後2004年にAの相続人である懲戒請求者らにより金銭引き渡し請求を受けたが
今日に至るまで1円の支払いもしていない
被懲戒者の上記行為は懲戒請求者らのために遺言無効確認訴訟を遂行する等して懲戒請求者ら
の利益を図ったこと等懲戒請求者に有利な事情を斟酌しても
弁護士法第56条第1項に定める品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力の生じた日
2009年11月19日
2010年2月1日   日本弁護士連合会 
平成22年6月8日業務停止6月から5月に変更