産経新聞が「左傾化する日弁連」というテーマで特集記事を掲載しています。今まで、マスコミは横領、使い込み、事件放置などの不祥事に対する報道を記事にすることはありましたが、日弁連の実態、体質に迫る内容はなかったと思います。

       安保法案に反対した日弁連

イメージ 1

産経新聞 日弁連特集

「弁護士会 第1部(1)」

201746

正治集団化する日弁連「阿部政権、声を大にして糾弾」、、、反安保で振り回した「赤い旗

 

「弁護士会 第1部 (2)」

「何としても安保法案廃棄案に」SEALDs、野党“共闘”、、、内部から「多様な意見切り捨てた独善」と批判も

 

201747

「弁護士会第1部(3)

「もし中国が尖閣占領を・・・」“日本有事”直視しない反安保決議少数派が主導権を握る日弁連執行部

 

201747

産経 (西論)

法曹界の左傾 戦後の偏りを自覚せよ


4月7日

「弁護士第1部(4)」

証拠なしに「慰安婦強制連行」「性的奴隷」日本貶(おとし)める声明を訂正せず ・・・“野蛮な国”認知の背景に日弁連活動

 

 【弁護士会第1部(6完)】

出席2・1%で死刑廃止宣言 「被害者の権利根こそぎ奪う」渦巻く批判…組織に深刻な亀裂
イメージ 2