弁護士不祥事情報ブログ
最新記事

上野泰史弁護士(大阪)懲戒処分の要旨 2023年2月号

弁護士自治を考える会

弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2023年1月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・大阪弁護士会・上野泰史弁護士の懲戒処分の要旨

日弁連広報誌「自由と正義」は毎月発行です。特集の読み物も充実しています。

あなたが取った懲戒処分の記念にぜひ1冊。お申込みは、日弁連広報課 自由と正義担当 03(3580)9840年間購読費12000円(税別)1冊でも購入可能です。

処分理由・事件放置

63期、大阪弁護士会名物の事件放置です。対策はまったくありません。処分は戒告しかありません。

俺様にこんなくだらん事件を持ってきやがって馬鹿にしやがって!!あるいは、俺様のような優秀な弁護士に素人が指図しやがったな、生意気な・・・と放置。それとも他に理由があったのでしょうか??知らんけどです

懲 戒 処 分 の 公 告

 大阪弁護士会がなした懲戒の処分について、同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告及び公表等に関する規程第3条第1号の規定により公告する。

                 記

1 処分を受けた弁護士氏名 上野泰史 

登録番号 43868

事務所 大阪市中央区内平野町2-3-1 スタジオ64 802

三休橋法律事務所 

2 懲戒の種別 戒告

3 処分の理由の要旨 

(1)被懲戒者は懲戒請求者Aから交通事故の後遺障害認定に関する事件の依頼を受けたが、2020年8月以降、懲戒請求者Aとの連絡を怠り、事件処理を進めなかった。

(2)被懲戒者は2020年1月、懲戒請求者Bから金銭問題についての示談交渉事件の依頼を受けたが2021年6月7日から懲戒請求者Bとの連絡を怠り、事件処理を進めなかった。

(3)被懲戒者の上記各行為は弁護士職務基本規程第35条に違反し、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

4処分が効力を生じた日 2022年10月17日 2023年2月1日 日本弁護士連合会

[書庫]着手金とって事件に着手しない、今やってま~す!、大阪名物「事件放置」大阪弁護士会の懲戒処分一覧・更新2023年2月

 同性同名の裁判官がおられますが無関係です

上野泰史裁判官(43期)

退官時の年齢 46 歳H23.7.1 依願退官

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.