イメージ 1

東京弁護士会所属の浅野弁護士に2カ月

写真は日弁連
 

東京弁護士会は12日、浅野憲一弁護士(61)を業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。
同会によると、浅野弁護士は05年、渋谷区のマンションでマッサージ業を営んでいた賃借人の男性から、部屋の明け渡し料について家主と交渉してほしいと依頼されたが、男性に十分説明しないまま明け渡し料に合意。
家主から明け渡し料の一部を受け取りながら、男性に渡していなかった 

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20090213ddlk13040305000c.html

家主から明け渡し料を取り、借主に渡していなかった・・・

こういうのは詐欺か横領と言わないのか

詳細は後日

浅野憲一 登録番号13843 東京弁護士会
内幸町法律事務所
東京都千代田区内幸町1 

21年3月27日付官報
業務停止。懲戒処分効力の停止の訴えを日弁連に起こし
ただ今審査中になり効力は停止してます