業務停止中の法律行為や弁護士活動での懲戒処分』
業務停止の懲戒処分を受けると、その期間は弁護士ではありません。一切の法律行為はできません。依頼者との打ち合わせもできません。顧問弁護士は業務停止2月以上は辞任をしなければなりません。1回目の処分の途中ですので厳しい処分が下されます。また、業務停止中に行った内容は非弁提携で過払いや債務整理の事件処理を行った。または知り合いの事務所で仕事をしたという内容が多く、業務停止中に裁判に出たのは1件しかありません
書きかけですので新しく処分がありましたら更新をします。
 翁川雄一 第一東京 20569 業務停止4月 2017年8月
 黒田充治 京都 22286 業務停止4月 2017年8月

https://jlfmt.com/2017/09/13/31449/

 浅野憲一 東京 13843 業務停止6月 2018年3月
https://jlfmt.com/2018/04/04/31721/

田畠光一 福岡 33297 業務停止4月 2019年8月
https://jlfmt.com/wp-admin/post.php?post=40018&action=edit
猪野雅彦 二弁  28946 業務停止3月   2019年4月